CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
立ち食いピッツァ
0
     ナポリの下町、スパッカ・ナポリ。

    地元の人たちの元気な声、スクーターの音、車のクラクション…エネルギッシュすぎる(笑)

    小腹が空く時間になると、たまらなくいい香りにつられてか、立ち食いピッツァを求める人で大賑わい。

    こらが噂にきく、1ユーロピッツァ。



    おもしろい。2つ折りとか、4つ折りにして渡される。
    とりあえず、アツアツは最高にうまいわけで。



    ほんっと、おいしい。素晴らしい食文化。
    このナポリの雰囲気とか、空気がとても重要なんだと思う。



    昼時をすぎると、店はたいがい閉まる。急に静まり返る通り。
    その頃に歩くと、お皿を洗う音とか、グラスのぶつかる音とか…たまらなくいい雰囲気。
    | おいしいパンノート | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    Schneeball シュネーバル
    0
      パンじゃないけど、美味しかったお菓子。 

      ローテンブルグ。
      中世の宝石箱と称され、城壁に囲まれた街並みがまさに「メルヘンの世界」。



      ローテンブルク名物のお菓子「Schneeball シュネーバル」。
      Snowball=「雪の玉」という意味らしい。まさに見た目、雪の玉。

      小さな街の中で、いたるとこで売られていて、とりあえず食べなきゃな気分になる。



      ほれほれ雪の玉。



      150年も前からあるお菓子らしい。
      チョコがたっぷりとか、アーモンドのったのとか、とにかく種類が豊富。
      これシナモン味。



      こんな風になってる。ひも状でくるくる丸めてる。おもしろいなぁ。

      余計な味がしなくて、ほんとに美味しい。素朴な美味しさ。
      昔からあるお菓子のいいところ。

      おかげで沢山食べたシュネーバル。
      | おいしいパンノート | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      Palermoで
      0
         シチリア州最大の都市パレルモ。

        いたるところで売られていたパン。フォカッチャみたいなパン。
        う〜ん、ピザと言った方がいいかなぁ。





        つくって売っての店もあった。
        …おもしろい。こういう店をみつけると、へばりついてついついガンミしてしまう。

        パンじゃないけど美味しかった。
        有名な丸いボール状のライスコロッケ。「アランチーニ」



        好きなおかずをパンにサンドしてくれる店があった。好物のイカを選んだ。



        うまい。パレルモサンドと名付けよう。

        かわいいパンを発見した。何でクープをいれてるんだろう??





        パレルモ最高。



        | おいしいパンノート | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        La pizza napoletana
        0
           ナポリでpizzaを食べる。これ、かなえたいことのひとつだった。

          ”ナポリピッツァには発明者もなく、父親もなく、所有者もいない。
          それは、
          ナポリ庶民の独創性の産物なのだ。”

          「真のナポリピッツァ協会」会長の言葉が響く。



          ナポリ湾内に浮かぶ大きな島、イスキア島。
          「DA GAETANO」という有名なお店がある。
          ここで修業した日本人のピッツァ職人も多いらしい。

          ちょうど行ったときにも日本人の方がいた。



          おかげさまでいろいろ見せて、教えてもらって。
          楽しそうに働いてて、かっこいい。
          っていうか、みんな陽気でいい(笑)







          当時、窯にやたらと興味があったから、妙に興奮したのを思いだす。



          最高。

          おいしすぎる。

          現在も厳格に伝統的な製法を守り作られるナポリのピッツァ。

          こうもおいしいのかぁ。すごい、ナポリ。







          | おいしいパンノート | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          ポワラーヌのミッシュ
          0
            パリ6区にあるPOILANE (ポワラーヌ)。
            世界で一番有名といわれる老舗のパン屋さん。




            Mishe(ミッシュ)と呼ばれる大きいパンが特に有名。日本でも空輸されるほど…。
            昔から変わらない、伝統的な製法でつくってる。(昔というのがまた200年前だっていうからまたすごい。)
            厳選された小麦を石臼でひき、ブルターニュ地方の塩、天然酵母を使い薪釜で焼き上げる…。

            食べてみたくて、食べてみたくて、このMishe(ミッシュ)を食べるためにパリに行ったようなもの。
            憧れのミッシュ。



            とにかく大きい。”P”のクープもまたかっこいい。
            スライスして売ってくれてる。



            良い酸味。いい香り。しっとりな食感。
            これはすごい。酸味がたまらなく絶妙に美味しい。
            すごいな、ほんと。有名な理由がわかる。



            売ってるおばちゃんがクッキーをくれた。

            リネンのバックも有名なんだけど、これがまた大きい(笑)
            でもポワラーヌのパン入れるにはこのサイズで納得。

            バック買ったけど、大切にしすぎて、ほとんど新品。

            | おいしいパンノート | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            今はなき
            0
               かわいいお店だったプージョラン。
              なんだかお店がなくなったとか、店名が変わってつづいてるとか、プージョランさんはパンを作って卸してるとか…。

              っていうか、そんな前なんだ食べたの。月日が経つのは早い。
              でもしっかり味は覚えてるからエライ。



              公園でむしゃむしゃして、「おいし〜なぁ」ってにやにやしたの覚えてる。

              | おいしいパンノート | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              ベルギーワッフル三昧
              0
                 パンじゃない…けど、おいしい。

                ベルギーといえばチョコレートにワッフル!!!
                そう日本でもブームになった「ベルギーワッフル」

                えっと、現地に行って知ったけどワッフルには2タイプあって、「ブリュッセル」と「リエージュ」。

                長方形で軽いタイプのが「ブリュッセル風」





                ほれほれ、カリッと軽い。でもってさほど甘くない。

                で、私たちがいうベルギーワッフルっていうと「リエージュ風」の方。



                へへへっ。生地もどっしり甘いのにさらに甘いトッピング(笑)
                でもね〜、結構いけた(笑)



                トッピングなしで十分(笑)
                あまいんだけど、すごくおいしい。ほんとおいしい。なんだか、砂糖の感じが妙にいい。

                どこに行ってもワッフルが売られていて、ずいぶんと食べた。
                アントワープでも、ブルージュでも、ワッフルワッフルワッフル…





                | おいしいパンノート | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                ブリュッセルのパン屋さん
                0
                   パリから足をのばしてベルギーに行った。

                  首都ブリュッセルに着いて、見つけたパン屋さん。



                  パリでパンを見ていたせいか、あまりのパンのルックスの違いに妙に興味がそそられた。
                  おもしろいもんだ。
                  ベルギーの言語はフランス語、ドイツ語、オランダ語。
                  パンも地方によって各国の色が強いのだろう。


                  | おいしいパンノート | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  パリのパン屋さん
                  0
                     モンマルトルの近くにあったパン屋さん。

                    悔しい、名前がわからない。青い店。また行けといわれたら絶対行ける。
                    でも有名なパン屋さんだと後でわかった。確かに行列だったもん。

                    クロワッサンとレーズンのたっぷり入ったパンが、衝撃の美味しさだった。



                    普段はクロワッサン、全然食べないのに、やっぱり旅行中は不思議と手が伸びる。
                    一口、口に入れた途端にわかった。「うまい!!」
                    今までの長い年月、自分の知ってたクロワッサンって??あれはクロワッサンじゃないな(笑)
                    ここのクロワッサン、驚異的に美味しい。



                    でもってルックスも素敵だったレーズンのパンが、これまた美味しすぎた。
                    レーズンいっぱいで、このレーズンがやたらと美味しい。
                    もおっ!!!大変。ほんと美味しすぎて食べ過ぎる。
                    もう一口もう一口、あと一粒と、とまらなくなる。


                    | おいしいパンノート | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    << | 2/2PAGES |